Language:

Alcatel Lucent

Iアイルランドのアルカテル・ベル研究センターは、電気通信バリューチェーン研究センター( CTVR :Centre for Telecommunications Value Chain)と提携し、Test and Trial Irelandを用いて様々な次世代ワイヤレスシステムを検証しました。

「我々の研究アイデアを実際の生活環境においてテストすることができる-このプログラムによって、アイルランドの研究者達は、非常に優位な立場に立つことができた。」

ルイス・G・サミュエル博士(アイルランド・英国ベル研究所常務取締役)

Telefonica O2

テレフォニカO2アイルランドは、Test and Trial Irelandを使ってDVB-H(Digital Video Broadcasting- Handheld)規格使用の移動体テレビを試行しました。

テレフォニカO2アイルランドは、Test and Trial Irelandを使ってDVB-H(Digital Video Broadcasting- Handheld)規格使用の移動体テレビを試行しました。

カール・アハーン(テレフォニカO2アイルランド DVB-Hプロジェクトリーダー)


On Air

OnAir社では、Test and Trial Irelandを使い、航空機に内蔵型GSMサービス(MCA)を 提供するための認可に必要な電磁波環境適合性測定を実施しました。

「こうした測定により、我が社は、ボーイング737 800型機へのMCAシステム設置および使用に 対する耐空証明を得ることができ、これがライアンエアーとの初の機上携帯電話サービス開始につながった。」

アスビョーン・クリストファーセン(OnAir社 チーフレギュラトリーオフィサー)


Vodafone

ボーダフォン・アイルランドは、Test and Trial Irelandで、900 MHzの周波数帯における3G 携帯電話のコミュニケーションサービスを試行しました。

「この試行は、相互運用性の問題を事前に解決する機会を与えてくれた。おかげで我が社では、自社ネットワークへの新たな技術や販売者の導入といった実用的な問題に取り組むことができた。」

マッツ・スヴァード(ボーダフォン・アイルランド チーフテクノロジーオフィサー)


Ericsson

エリクソン・アイルランドは、Test and Trial Irelandを用い、エリクソンのネットワーク インフラに対するGSMおよび3G携帯電話の検証テストを実施しました。

「当社では、世界的なGSMおよび3G WCDMA周波数帯一式を対象としたテスト用ライセンス を取得した。このプログラムを利用したことで、グローバル市場に対応した検証テストを行うことができた。」

ジョン・ヘネシー(エリクソン・アイルランド カントリーマネージャー)


Trinity College Dublin and CTVR

ダブリン大学トリニティ・カレッジでは、電気通信バリューチェーン研究センター (CTVR) の一組織として、Test and Trial Irelandを活用し、再構成可能なソフトウェアベースの無線 およびダイナミックスペクトラム管理技術に関するテストを実施しました。

「未使用の専用スペクトラムを用いて研究アイデアを実際にテストすることができたため、再構成可能な無線システムが大幅に進歩し、ひいては我が大学の質の高い研究成果を今後も活用可能な知的財産に変える可能性をもたらした。」

リンダ・ドイル(ダブリン大学トリニティ・カレッジ教授およびCTVR)


RTÉ Network Limited

アイルランド国営放送サービスプロバイダであるRTÉネットワーク株式会社 (RTÉNL)では、Test and Trial Irelandを利用し、様々なデジタル無線およびテレビの放送技術試行を実施しました。

「こうしたトライアルにより、国内の地上波デジタル放送技術の展開可能性を探ることができたうえ、トライアル過程で一般消費者から直接フィードバックを得ることができた。」

ミック・キオー(RTÉ役員)